打ち首こくまろ

タイトルは適当

ヤバイTシャツ屋さんがヤバイぐらい刺さった回

巷で言われてる「歌詞に共感する」なんてマジで意味分からんかったわけですよ。

青山テルマが会いたくて会いたくて震えるって歌ったって僕はそんな恋愛をしたことないからそんな気持ち全くわからないし(「会えよ!」って思う)、Greeeenとかが青春マジ素晴らしい俺らズッ友とか歌っても、僕はそんな素晴らしい中高生生活を送ってこなかった。「歌詞に共感」なんてのは人生の要所要所で恋愛や青春関係のイベントを経験した人間に与えられるある種の特権スキルで、そんなイベントがどこで発生しているのかもわからないまま大人になった僕にとって「歌詞に共感」なんてのは無縁のものだと思ってたんですよ。つい昨日まで。

で、最近岡崎体育にハマっているのは前の記事でも書きましたがYoutubeで彼の動画を見てると関連動画に"ヤバイTシャツ屋さん"というバンドが出てくるんですよ。記事でも書きましたが、岡崎体育ヤバイTシャツ屋さんは結構関係が深いわけですよ。

ヤバイTシャツ屋さんの存在は知ってたけど、あんまり好きじゃなかった。歌詞に「GO TO RIZAP」とか「週10ですき家」とか、そういう固有の商品名出してくるのってダサいと思ってたんですよ。だってすき家潰れたらその歌詞どうするんですか。そういう今か通用しない曲は今消費されるだけで終わると思ってたし、そういう曲ばっかり出してるヤバイTシャツ屋さん自体もすぐ消費されるし、ダサいと思ってたんですよ。食わず嫌いなわけです。

そんな僕がなぜヤバイTシャツ屋さんの動画をクリックしようと思ったかというと、単純に岡崎体育の「割る!」を聴いてテンション上がってて、なんとなく聴いてみようと思っただけなんです。「あつまれ!パーティーピーポー」。

www.youtube.com

あつまれ party people 朝まで dance dance
喰らった風営法 改正して風営法
暗闇で光るサングラス
車高の低さはステータス
流して EDM, dancing to the EDM

あつまれ party people 朝まで dance dance
喰らった風営法 改正して風営法
ショートカットでツーブロックの 女はだいたいダンスうまい

「あつまれ!パーティーピーポー」という曲名からいわゆるパリピ目線の曲だと思ったけど、全く違くてこれはパリピを若干小馬鹿にした歌です。「車高の低さはステータス」なんてオールドタイプなDQN像そのものだし、「ショートカットでツーブロックの 女はだいたいダンスうまい」に至っては真偽もわからない完全な偏見ですよ。でも、多分そうなんだろうなと思うほど僕にも偏見がある。

そしてサビではこう続く。

Party people, party people 俺も混ぜてくれ
酒飲めへんし 踊れへんけど
Party people, party people 平日はちゃんと働いてる
Party people 偉い
Party people, party people 混ぜてくれ
酒飲めへんし 踊れへんけど
Party people, party people 休日は日サロで焼いてる
Party people レッドブルでウォッカ割って
飲んで吐いた女持ち帰って
朝まで楽しむ party people

この歌詞! この歌詞! ここ!

休日ごとに夜な夜な騒いで中身のない会話して馬鹿騒ぎしてるパリピをちょっと下に見つつも、「俺も混ぜてくれ 酒飲めへんし 踊れへんけど」なんだ。下に見つつも、頭空っぽにして馬鹿騒ぎしてるパリピのことを、心のどこかで羨ましく思ったりしてるんだ!

素晴らしい青春も心が張り裂けるような恋愛もせず、パリピのように弾けることもない。そうしなかったのは僕がそういう人間じゃないからだ。だから、青山テルマを聴いて泣いてる女子とか、Greeeenを聴きながら野球やってる男子とかを見て「あいつらバカだな」とちょっと下に見てたりした。でも、そんな奴らのほうが僕よりも明らかに楽しそうで、それを少し羨ましく思ったりもした。

どうあがいても僕はパリピにはなれない、なろうとも思わない。でも、何も考えずにそんなに馬鹿騒ぎできるパリピが羨ましい。だから、「俺も混ぜてくれ 酒飲めへんし 踊れへんけど」なんだ。もう、ここの一節だけが、無味乾燥な青春を送ってきた僕の心に刺さって刺さって刺さりすぎた。「歌詞に共感」ですよ。ヤバイTシャツ屋さんがどれだけ意図しているか分からないけど、「あつまれ!パーティーピーポー」は、僕みたいなパリピになりたくてもなれないしょうもない人間を、陽気な四つ打ちのリズムに乗って慰めて踊らせてくれる曲だと思ったんですよ。この時点で僕はヤバイTシャツ屋さんの虜ですよ。

www.youtube.com

もう一曲すごいなと思ったのが、新曲の「ハッピーウェディング前ソング」。カップルに対して結婚しろ結婚しろと囃し立てる曲なんですが(「キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!からの入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!!!!!」と言う歌詞にはさすがに笑った)、2番以降では本当に結婚を考え始めたカップルに対してちょっと引き始めたり、「入籍してみたらええやん 多分2年以内に別れると心のどこかで思っているけど秘密にしておくね」などと平気でのたまう無責任さがたまらない!

というわけで、ヤバイTシャツ屋さんにはまり始めた僕という回でした。また、会いたくて会いたくて震えるのはさっき調べたら青山テルマではなく西野カナであることを訂正しお詫び申し上げます。